**********


ありがとう V40


**********


2013年 2月


あなたの個性と感性に共鳴する

プレミアム・スポーツコンパクト 


V40(ブイ フォーティ)日本上陸



**********

                          MY2013 カタログ


-大きな歓喜に包まれ降り立ちました-



<ボルボの大型モデルの特徴や機能を小型車のパッケージに取り入れる>

というコンセプトのもと、

ダイナミックに、スタイリッシュに、なによりスポーティにデザインされたモデルです。


*V40,V40cross country,V40 R-DESIGN 3タイプのV40シリーズが誕生*


**********


V40(ブイ フォーティ)は1995年に登場したV40(ブイ ヨンジュウ)の2代目。

C30 S40 V50 の3モデルを集約させ

従来のV=ワゴン のイメージを覆し、ハッチバックを思わせるそのスタイルは

これまでのボルボからは想像することはなかったデザイン。

ボルボのブランドイメージも大きく変化しました。


しかし、ボルボらしい要素が散りばめられたデザイン。


際立つボンネットのVシェイプライン。

六角形のテールゲート、赤い輪郭で強調したテールレンズ。

力強くリアドアの後部で跳ね上げられたショルダーラインは、名車P1800のオマージュです。


model:V40 T2  Kinetic

高崎店SELEKT車

発売当初シティ・セーフティを標準装備。


また、先進安全機能【セーフティーパッケージ】*(発売当初オプション設定)

ヒューマンセーフティ、レーン・キーピング・エイドなど10種の最先端のセーフティテクノロジーを搭載。(現在インテリセーフ標準装備

2014年モデルから「歩行者・サイクリスト検知機能付きオートブレーキ・システム」が採用。


(現行モデル:リアビューカメラを加え、さらなる進化を遂げたインテリセーフ

https://www.volvocars.com/jp/why-volvo/human-innovation/future-of-driving/safety 参照)



そしてボルボが世界に先駆けて実用化した、画期的なエアバッグシステム

【歩行者エアバッグ】は歩行者とクルマの事故に際して、重要な一歩となりました。





**********


内装では、新たにデザインされたボルボ初搭載の液晶メーターパネル。

3種類のテーマ Elegance/Eco/Performance により、

ドライバーの好みや目的に応じて手軽に表示を切り替えることが可能に。

2014年モデル~ 他モデルにも採用されました。

7色から切り替えられるアンビエント・ライトや

フレームレス・ルームミラー、イルミネーテッド・シフトノブなどを採用。(現行はピアノブラック)

そして、パーク・アシスト・パイロットやアイドリングストップ (エンジン・start/stopテクノロジー)も

V40から搭載されました。


**********


2016年 フェイスリフト

フロントグリルエンブレムをブラックに変更。

ヘッドライトのデザインはトールハンマーへ。


北欧神話に登場する雷神、トールが手に持ったとされるハンマーをモチーフにした

ユニークなLEDヘッドライトは新世代ボルボの象徴。



歩行車エアバッグの標準装備化など、さらなる進化を遂げました。


(V40ブイフォーティから呼び名を再度V40ブイヨンジュウへ変更となりました。)




**********

現在のボルボの先駆けとなったV40。


かつての四角いボルボのイメージは より一層スタイリッシュでスポーティなイメージへ。


そんなV40は2019年モデルを最後に

ひとまず幕を下ろします。


V40 FINAL COUNTDOWN・・・・・

刻一刻と迫るしばしの別れ。

今一度胸に熱く。

有志を称え思い残すことなく。



新鮮な走りに熱中し、胸が高鳴る。

あなた自信とあたなのライフスタイルに、完璧に寄り添うクルマ。




あなたと人生を共に過ごす良きパートナーを探しに是非ショールームへ。





V40の幅広いトリムレベル。

詳しい詳細はこちらから

https://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/v40


mai


検索フォーム

ショールーム情報

ショールーム

ボルボ・カー 高崎

〒370-0036

群馬県高崎市南大類町1231-2

TEL:027-352-0888

FAX:027-352-2811

営業時間:9:30 - 18:30

毎週月曜日/第1・第3火曜日定休